海外旅行保険には加入しておこう

航空チケットを取る際には、「保険に入りますか?」という項目が出てくる場合はLCCが多く、そこでは自分で選ぶことが出来るので、要らないのか要るのかを決めることが出来ます。
航空券の保険というのは、飛行機にトラブルがあったときや、時間が遅れてしまったとき、または荷物がどこかへ行ってしまうというロストバゲージという問題もあり、何が起こるか分らない!といった所なので、保険を入るのか入らないのか決められるのです。

飛行機に年間で100回乗っている人でも荷物はなくなったことがない!という人も居ればはじめての1回目の飛行機の旅でロストバゲージに遭ってしまったという人もいるので、運!とも言えます。
またエアラインによっては機内に預けた荷物の中を空けられてしまって、荷物の一部が無くなっているということもあり、ブランド品だけを盗んでいたり、効果なお土産だけを盗むという恐ろしい出来事もあるのですが、これも遭う人もいれば遭わない人もいます。
だからこそ保険は入るべきか入らないべきか?となれば難しい問題でもあるのですが、運と一言で言えてしまう場合もあるのです。
では保険ですが、自分で加入するという方法もあるのですが、これでも飛行機でのトラブルに対処しているのでしょうか?
保険の種類はたくさんあるのですが、海外旅行保険の場合でしたら飛行機の遅延などのトラブルでしたら最高で10万円は支払われるというような保険もありますし、5万円までというものもあるので、保険の種類をチェックしてみましょう。
自分で海外保険をかけるときは出発する前に契約をしなければいけないので、海外に到着してから忘れていた!ということで日本の保険会社に問い合わせをしても受け付けてもらえません。
契約時に日本に滞在している人という決まりがあるのです。
時には空港で海外保険に加入することも出来るので、忘れてしまった場合などは空港で契約するという方法がいいと思います。

関連記事:

一人旅 計画の立て方TOP